すかいみん。

弱小ブログでがんばるぞい。

「読書の秋」 に、一番おすすめの本を紹介 (前編)。

今週のお題「読書の秋」

 

どーもです。

管理人そらみんです。

 

さっき記事をまとめていたら、お題スロットに面白そうな単語があったので、

気持ちが冷めないうちに書きます。

 

読書の秋、ということで。

私がいろんな人にお勧めしたい本があります。

それがこれ。

 

ジェノサイド

ジェノサイド

 

 

高野和明 著 『ジェノサイド

 

 

オビには、「晩飯を抜いてでも買って読むべし。」とあるほどの小説。

っても定価1,800円するから、税率8% だと 1,944円。

 

私としては、「いやまず、飯食えよ」と思うけれど。

でも2,000円弱出してでも読むべき価値はあると断言できます。

 

 

私の意見とかも言いたいけれど、まずは基本的なストーリー。

 

急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。

同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが……。

父の遺志を継ぐ大学院生と、一人息子のために戦い続ける傭兵。交わるはずのない二人の人生が交錯する時、驚愕の事実が明らかになる。それは、アメリカの情報機関が察知した、人類絶滅の危機――

 

『ジェノサイド』高野和明(たかの かずあき)|角川書店|KADOKAWA

 

発行元の角川書店から引っ張ってきたあらすじ。

正直、分かりづらい。

私も最初、??? ってなったから。

 

でも読み始めていくうちに徐々にはまりこんで、

気が付くと590ページものある単行本を読み終えていました。

やっぱり、面白い作品は、何というか……

読ませる能力みたいなものがあるんだなって思いました。 (小並感)

 

 

私の意見も書こうとしたけど、長くなりそうなので別記事にします。

 

 

ではでは ノシ

 

 

 

ちなみに、

「単行本は高いし重いよ!」

ってことで、文庫本も発行しています。

 

角川さん最高です。

 

ジェノサイド 上 (角川文庫)

ジェノサイド 上 (角川文庫)

 

 

 

ジェノサイド 下 (角川文庫)

ジェノサイド 下 (角川文庫)

 

 

上下巻。

 

面白そうなら、ぜひ、ポチってください。

 

 

10月02日。今日の部活動記録

お久しぶりです。

管理人そらみんです。

 

突然ですが、私はなりゆきで美術部に所属してます。

まあ、別にスカウトされたとか、そんな話じゃなく。

純粋に「面白そうだなー」と思って覗いてみたら、沼に引き込まれた感じです。

 

後悔はしてないし、尊敬する人々にも出会えたから

個人的には、恵まれた体験をしてるなー、なんて能天気に思ってます。

 

では、これが本日描いた内容です。

ホワイトボード落書きレベルで申し訳ないw

 

f:id:sora0922n:20171002223443j:plain

f:id:sora0922n:20171002224309j:plain

f:id:sora0922n:20171002223439j:plain

f:id:sora0922n:20171002223603j:plain

f:id:sora0922n:20171002223556j:plain

 

爆発オチ (笑)

 

 

 

あー。もっと構図とかうまくなりたいー

ポーズと構図の法則 (廣済堂マンガ工房)

ポーズと構図の法則 (廣済堂マンガ工房)

 

 

イラスト構図 完全マスター

イラスト構図 完全マスター

 

 

新たな機能性表示食品についての考察

 機能性表示食品。

 ちょっと気になったから、レポート形式でまとめてみるよ!


↓さあ、本題です。



目的
特定保健用食品 (トクホ)、栄養機能食品とは異なる新しい食品の機能性表示制度について、利点、問題点をまとめ考察を行う。



新たな機能性表示。その背景­

 機能性を表示されている食品は、これまで国が個別に認可した特定保健用食品 (トクホ) と国の規格基準に適合した栄養機能食品に限られていた。そこで、機能性を分かりやすく表示した商品の選択肢を増やし、消費者がそうした商品の正しい情報を得て選択できるよう、平成27年4月に新しく「機能性表示食品」制度が始まった。



利点として、

・国の定めるルールに基づき、事業者が食品の安全性と機能性に関する科学的根拠などの必要な事項を、販売前に消費者庁長官に届け出すことができれば、機能性を表示することができる。

・生鮮食品を含め、すべての食品が対象となる (ただし、特別用途食品 (特定保健用食品を含む)、栄養機能食品、アルコールを含有する飲料や脂質、コレステロール、糖類 (単糖類又は二糖類であって、糖アルコールでないものに限る)、ナトリウムの過剰な摂取につながるものを除く)。

・消費者が誤認することなく商品を選択することができるよう、事業者自ら適正な表示などによる情報提供が行われる。

・安全性及び機能性の根拠に関する情報、健康被害の情報収集体制など必要な事項が、商品の販売前に、事業者より消費者庁長官に届けられる。

・届けだされた情報は消費者庁のウェブサイトにて公開され、安全性の評価、機能性の評価、生産・製造、品質の管理、健康被害の情報収集体制について、届出番号ごとに安全性や機能性の根拠などに関する情報を知ることができる。
(下記ウェブサイトリンク)
http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

・事業者に問合せ、又は連絡することができるよう電話番号が表示されている。

・一日当たりの摂取目安量を摂取した場合、どのくらいの機能性関与成分が摂取できるかが記載されている。



問題点は?

・事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示するため、食品が理由で問題が起きた際、国ではなく事業者に責任が生じる。

特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではないため、表示された内容に関しての説得力が弱い。

・事業者は、許可を得て販売した後であっても健康被害などの情報収集を行う義務がある。

・表示事項に制限があり、疾病に罹患していない者の健康の維持及び増進に役立つ旨、又は適する旨の表示に限られている (「予防」や「治癒」といった医学的な表現や「糖尿病の方へ」といった特定の疾患の方を対象とした表示、肉体改造や美白など意図的な健康の増強を標ぼうするような表現はできない。また、科学的な根拠に基づき十分に説明できない機能性に関する表現もできない)。

・表示事項に問題がある場合、罰則の対象になる (食品表示基準に基づいた表示を行っていない場合、食品表示法違反として罰則の対象になる可能性がある。また、科学的根拠情報の範囲を超えた表示事項は、不当景品類及び不当表示防止法 (景品表示法) の不当表示または健康増進法の虚偽誇大広告に該当するおそれがある)。

・事業者には、科学的根拠と表示内容の適合に関する責任、安全性及び機能性に関する科学的根拠の内容及び責任に関する責任、健康被害の発声の未然防止及び拡大防止のため、情報収集し、報告を行う体制の整備に関する責任、知的財産権に関する事項にかかる責任などが生じる。

・機能性の評価には、査読付きの研究論文で機能性が確認されていることや人を対象とした臨床試験や観察研究で機能性が確認されていること、販売対象とする人と年齢、性別、人種などの観点から著しく異なる属性の人だけを対象としていないこと、機能性関与成分に関する研究レビューを行う場合、当該研究レビューにかかる成分と最終製品に含まれる成分の同等性について考察されていること、研究レビューは、信頼性を確保するため、専門知識を持った複数の人で実施すること、著作権法に抵触していないこと、といった注意事項がある。

・医薬品ではないため、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではない。


↑本題終わり!


自身の意見として。総括。
 食品の新たな機能性表示は、特定保健用食品よりも短期間で認可を得ることができ、栄養機能食品と違い独自性のある表示を行うことができる。その反面、機能性の表示には事業者自らが根拠を述べる必要があることや問題が起こらないよう責任を背負う必要があるという点もある。
 私は、この新たな機能性表示は、昨今の健康ブームと相まって責任や義務を負ってでも得たいものであると考える。機能性表示をきっかけとして自身が売り出す商品を知ってもらう良いきっかけとなり、自身企業の地位を高めるために必要であると思われる。



さて、今回の参考文献です。

『食品関連事業者の方へ「機能性表示食品」制度がはじまります!』
2017/04/06 アクセス
http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

『消費者の皆様へ「機能性表示食品」って何?』
2017/04/06 アクセス
http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

   

来年への抱負

 今週のお題「2017年にやりたいこと」

 早いもので あとわずかで2016年も終わりになります。

 ってことで、私そらみんの「2017年にやりたいこと」を書きたいと思います。

 私が2017年でやりたいこと。それは





 「ブログで飯が食えるくらいに成長する!」





 です。


 私は今、学生をしながら一人暮らししてます。その生活費は、自分のアルバイト代から賄っている状況です。

 ただ、これが、正直しんどい。

 深夜勤務のせいか、生活リズムを整えるのがすごく大変。しかも、誰かの代わりにシフトに入ることもあるので、レポートやら何やら重なると、もう寝る暇もないwww

 特に今みたいに、課題が11個もあると、もう何が何やらwww

 ってことで、ブログで飯が食えるまでになったら、バイトしなくてもいいかなー なんて世間知らずなことを考えてます。

 ではそろそろ課題に戻ります。

 それでは ノシ 

諦めた \(^o^)/

 毎日更新とか言って全然できなかったので、諦めました!!

 

 もしかして、毎日更新するのがプレッシャーになってたのかなぁ (´・ω・`)

 

 ってことで。 「気が向いたら更新するスタイル」に変更します!!

さぼってました。ごめんなさい

 

こんにちは。そらみん工房のそらみんです。

 

「毎日更新するっ!」って言ってたくせに、一か月くらいさぼってました。 ごめんなさい。

 

 f:id:sora0922n:20160514213522j:plain

↑ スヤァしてたそらみん氏

 

 いや、ね。 理由はあるんだよ。 学業が忙しくなったとか、レポートが出現したとか、バイトで後輩ができたとか、ブログにリンクを貼りつける方法が分からなくて右往左往したとか……

 

 いや、ぶっちゃけ言い訳にしかならないってのは分かってる。でも忙しいんじゃこんちくしょう!

 

 ってことで。 更新と近状報告 (愚痴) でした。

 

 リンクの貼り方やデザインのカスタマイズが完成したら、ブログっぽいネタとか書くので、期待しないで待ってください。

 

 以上。 取り急ぎご報告まで。

SNS とデジタルデトックス

 今日、久しぶりに LINE での対話を行った。 スマホは今修理中のため、パソコンからの更新。

 

f:id:sora0922n:20160421221334p:plain

 

 パソコンのライン。 これはログイン画面。

 

 久しぶりのSNSスマホが使えないため LINE や twitter はおろか、電話もメールも満足に出来ない生活が続いている。 元々SNS はあまりやらない性分だったためそこまで苦労はしなかっ。でも思いついた時に電話やメールが使えないというのはクソ不便。文明の利器のありがたさを感じている。

 

 LINE では、キーボード操作自体慣れていないため、なかなか思うようにいかず大変だ。思ったことがすぐに言えないというのは、こんなにももどかしいものだとは、と。まじファック。

 

 しかし面と向かって話す時とは違った刺激を味わうことができ、とても良い経験となった。 毎日行うのは大変だが、たまにはこういったことも悪くない。

 

 女子高生が LINE や twitter、Fasebook といったものにはまる理由が分かったかもしれない。 <- 偏見

 

 

 さて、最近「デジタル・デトックス」という言葉を聞く。パソコンやスマホから離れ、デジタルという毒を体から抜き出す、というイメージなのだろうか。

 

脱ネット依存!「デジタルデトックス」で自分の時間を見つめ直そう! - Peachy - ライブドアニュース

 

 あと、あえてネットに繋がらない「圏外旅行」というのも人気があるそうだ。

 

今、「あえてつながらない」のが贅沢。電子機器から離れる”圏外旅行”がブーム | by.S

 

 こうした記事を見ていると、SNS をはじめとしたスマホやパソコンの依存がどれだけ危険か、ということについて警鐘を鳴らしているように見える。

 

 しかし、その「スマホ依存脱却」に夢中になりすぎて、「連絡は手紙だけ」「電話もメールも必要ない」ということにならないようにしたい。 まあ、これらは極端な例だが。

 

 何事も、やりすぎるのが良くないのだ。 スマホを使うのが悪いのではなく、使いすぎて弊害が起こるのが悪いのだ。

 

 デジタル機器との付き合い方は人それぞれ。 使用時間が長かろうが短かろうが、内容が濃かろうが薄かろうが、本人や周りの人が困っていないのなら、何も問題はないのだ。

 

 これでいいのだ。